top middle bottom menu
フリーランスには実務経験が必須?

フリーランスを目指している人必見!実務経験が必要なワケとは?

scroll

案件獲得方法

求人サイトで探す

自分で案件を探したい人は求人サイトがいいでしょう。求人サイトでは複数のカテゴリから自分がこだわりたい条件を組み合わせて検索できます。中には「未経験OK」の求人もあるので、実務経験が少ない人も探しやすいですよ。求人サイトによってはテーマ別に求人特集を組んでいるところもあり、今注目されている職種や業界の動向を知ることができます。
それに、フリーランス向けの求人サイトの多くはエージェントサービスを提供しています。エージェントが案件獲得に向けて手厚くサポートしてくれるので安心して任せられますよ。案件がなかなか見つからない場合は一度相談してみるといいでしょう。

クラウドソーシングで探す

フリーランスになったばかりの人はクラウドソーシングで案件を探すといいでしょう。自分のスキルで対応できそうな案件があったら積極的に応募してみてくださいね。
クラウドソーシングは自分の実績やスキルを説明・提案し、提案が採用されれば仕事を受注する、という流れです。応募しても採用されない可能性はありますが、主体的に動けるので専門性を高めたいフリーランスにおすすめですよ。
ほとんどの案件は在宅勤務が可能なので、インターネット環境があればどこでも仕事ができます。

ビジネス関連のSNSやマッチングアプリで探す

使い慣れていない人は不安に思うかもしれませんが、ビジネス関連のSNSやマッチングアプリを上手に活用して案件を探す人もいます。SNSやマッチングアプリのユーザーは世界中にいるので人脈を広げることができますし、これまで出会ったことがない人と関わることで新しい価値観やビジョンが生まれることもあります。

企業に直接営業する

企業のコーポレートサイトの問い合わせフォームを利用して、直接営業をかける方法もありますよ。正社員や契約社員を募集している企業がほとんどですが、中にはフリーランスをパートナーとして募集していることもあるので、一度チェックしてみてもいいかもしれませんね。コンタクトを取る際はポートフォリオを持参すると自分のスキルをアピールしやすくなります。

知人や友人の紹介

企業で働いている時の知人や友人から案件を紹介してもらうのも1つの方法です。すでに人柄やスキルは伝わっているので仕事がしやすく、好条件で信頼性の高い案件を受注できますよ。
ただし、単価交渉が難しいという面もあります。適切な報酬を得るためにも事前にできることや希望する報酬を整理しておきましょう。

フリーランスとして活躍したい人へおすすめの記事